九州大学起業部発ベンチャーで、AIを使った病理画像診断システムの開発と提供を行っています。すでにα版が提供されており、世界におけるこの分野のトップランナーとなっています。2018年には、VCから1億円の資金調達も完了し、今後も急成長が見込まれます。世界の人々を幸せにするAI×医療。益々の発展が期待されています。 そして2019年3月12日、総務省・国立研究開発法人情報通信研究機構主催のNICT Entrepreneurs’ Challenge 2Days「起業家万博」で、最優秀賞となる総務大臣賞、そしてNTTデータ賞、富士通賞、TIS Incubation Center賞、IBM Blue Hub賞という4社の協賛企業賞も受賞しました。この賞は、「ベンチャーが生み出す様々なイノベーションは、満たされていない多様で潜在的なニーズに応え、地域課題の解決、経済の活性化の鍵になる」という理念に基づいて日本全国から選ばれるもので、地区大会を勝ち抜いた企業の中から特に優れたICTサービスのアイデアを発表したとして、今回の受賞となりました。